いい気分は、今なろう。喜ぶなら今喜ぼう。先に持ち越さないで今です。

本当にあったおかしな話し

これからお話しすることは、実におかしな話しです。

しかし時々どころか、意外と私達もやりがちなことがある、お話しです。

Gメソッドを実践されているAさんには87歳の年取った母がいます。

だいぶ年寄りですし、体がとても細くて小さいのです。体重が40キロに満たない35キロくらい、小柄な細いお婆ちゃんです。

細いので皮下脂肪もほとんどなくて、体脂肪率はアスリート並みの4%くらい、

ただし筋肉はありませんが、そのために超寒がりなのです。

夏が過ぎて、10月に入り一年の中で一番過ごしやすい気候になりました。

しかしAさんの87歳のお母さんにとっては寒いのです。

夏のみんなが熱い熱いと言っているころが、ちょうどいいというのですから、だいぶん体温感覚が違います。

10月になって、あまりに寒い寒いというものですから、昔買った上等の30万円の布団を使ったらどうかと、毎年言ってきたことをまた今年もチャレンジしました。

聞くところによると、Aさんのお母さんは、30年前くらいに30万円の超高級布団を買っていたのです。

なにか特別の繊維でできていて、軽いけどメチャクチャ暖かいという優れものだというのです。

しかしそのおばあちゃん、今使うのはもったいない、といってなかなか使おうとしません。そして30年の歳月が流れました。

いつ使うのか?と以前から聞いていましたが、

これはとんでもなくおかしな話なんですが、死んでから使ってくれというのです。

病院でなくなります。
ご遺体は、家に運ばれてきます。
ほんのしばらくだけ自宅で布団に寝かせてから、葬儀屋さんがきてお棺に入れていきます。

そのしばらくの時に、近い親戚が来た時におかしくないように、30万円の布団を使って欲しいということなんです。

なんでも、昔こんなことがあったというのです。
親戚の人が亡くなった時に、すぐにお悔やみに行った時に、汚れた布団が敷いてあった。それがみっともなかったというのです。

それで自分が死んだ時に、その30万円の暖かい高級な布団を使って欲しい、それをいま使うのはもったいないというのです。

そして、今はというと、古くて、薄っぺらな、だいぶ汚くなった布団を使って、寒い寒いと言っているのです。

皆さん、この話は実話です。
どう思いますか?

そこでもう87歳なので、これ以上使わないと、本当に使わないまま死んでしまう!

今年は例年以上に強く勧めました。
なにを考えているのか!死んでからいい布団に寝てもしかたないでしょ!
と半ば強制的に、古い布団を捨ててしまいました。

すると、しかたなくしぶしぶ超高級30万円布団を使うしかなくなったのです。

もったいない気持ちを捨てきれない中、その30万円の布団を使ってみると、驚くべきことに、これがメチャクチャ暖かい。重さはとても軽いのですが、ぽかぽか暖かいのです。

温泉にしばらく入っていると、後もかなり暖かくなるように、起きてからも暖かいそうなのです。

Aさんは、田舎の年寄りが騙されて買わされた布団かな?思っていましたが、実に暖かくて、ぐっすりとよく眠れるようになった。
超すぐれもののお布団でした。

捨てた布団は薄くて、その割には重くて、圧迫されて、そして寒い。

まさに真反対の布団でした。

そのせいもあってか、使い始めて約1ヶ月くらいですが、体調がとてもよくなりました。元気になりました。10歳寿命がのびたのかもしれません。

よい布団でよい睡眠が取れると言うことは、健康的にとてもよいことなのですね。

死んで体が冷たくなってからでは、
流石に30万円の高級布団でも、死体を温めることはできなかったでしょう。

残念ながら、死体まで暖かくする布団は未だ発明されていません。

考えを変えさせられる

今回は87歳なおばあちゃん。もったいないから今は使わない。そのうち死んでしまってから、使って欲しいと言う考え方。

今を楽しまないで、将来の楽しみのために、今は苦しくても耐えていこう。

そのように、未来のために、今をひたすら忍耐したり、苦労したり、犠牲になったり、我慢したり、していく傾向のある人がよくいたりします。

今を楽しめない。今を喜べないまま、将来のためにと、考えているうちに人生が終わってしまう。

それでは、死んでも死にきれません。

生きているうちに幸せになりましょう。そのためには、今が分岐点です。

Gメソッドは、今をいい気分になると、宇宙の根源の愛のエネルギー、創造のエネルギー、喜びのエネルギーが流れてくるのです。

明日いい気分になろうとしても、流れてきません。

来年いいきぶんになろうとしてま、流れてきません。

今を、いい気分になることを決意することが大切です。

今、感謝して、喜んべるように、気分を転換することを心に決めていくことが重要なのですね。

明日はいい気分になる、
来年はいい気分になる、
10年後はいい気分になる、
では遅いのです。

今!なのです。
今!苦しみの鎖から解き放たれて、いい気分になることを決意していきたいものですね。

死んでから、いい布団に寝ても意味がありません。

死ぬことを、永眠という表現をしますから、誰でも死ねばよく眠っているのです。

生きているうちに、いまいい布団に寝るようになって、そのおばあちゃんとても元気になり喜んでいます。

暖かいいい布団は、生きているうちに使いましょう。生きている体を暖かくしてくれます。

まとめ

これは笑い話のようですが、意外と私達も同じようなことをしていることがあるものです。

今なにかすると、もったいない。
今の大切な時を先延ばしにして、今喜ぶことを先延ばしにして、今いい気分でいることを先延ばしにして、結局は幸せになれない。

今をいい気分になって、今喜んで、喜びの未来を創り出していく、それがGメソッドなのです。

Gメソッドの説明はこちら→


あらゆる願望を実現!Gメソッド100日体感プログラム